毛穴ケア商品「ヴェルモア」情報サイト

毛穴ケア商品「ヴェルモア」情報サイト

あなたの黒ずみ毛穴はどのタイプ?パターン別対処法

あなたの黒ずみ毛穴はどのタイプ?パターン別対処法

黒ずみ毛穴、なんとなくケアしていませんか?毎日なんとなくしているケア方法では、逆に黒ずみ毛穴を悪化させてしまうことになりかねません。

 

ここでは、黒ずみ毛穴の原因とその対処法について詳しく説明しています。自分の黒ずみ毛穴の原因はどのタイプなのか、きちんと知ることがケアの第一歩です。

 

毛穴にはどんな役割がある?

肌をじっくり見てみると毛穴が目立つ、黒ずんでいる、いっそのこと毛穴なんてなくなってしまえばいいのに、なんて思ったりしていませんか?

 

しかし毛穴には、なくなっては困る大切な機能が備わっているのです。毛穴の大きな役割は、以下の2点が挙げられます。

 

 

  1. 肌のバリア機能
  2. 毛穴からは、汗や皮脂が分泌されます。汗と皮脂が混ざり肌の保護膜となることで、空気中のホコリなどの外的刺激から守ってくれているのです。

     

  3. 肌の排泄機能
  4. 毛穴は、汗や皮脂の分泌とともに体の中の老廃物を排出する機能を持っています。

 

 

黒ずみ毛穴は肌トラブルを招く

美しい肌は、毛穴が正しく機能していることが基本です。毛穴トラブルが起きている状態では、健康な肌とは言えません。

 

黒ずみ毛穴では、毛穴本来の役割を果たすことができず、さまざまな肌トラブルの原因にもなってしまいます。毛穴をきちんとケアして、美しく健やかな肌に導きましょう。

 

 

黒ずみ毛穴は3タイプ

毛穴が黒ずんでいる理由は、おもに3つに分けられます。黒ずみの原因をきちんと知った上でケアすることが、美肌へのいちばんの近道です。

 

 

  1. つまり毛穴
  2. ほこりや皮脂、古い角質や残ったファンデーションなどが毛穴に詰まって黒ずんでいるタイプ。毛穴に詰まった角栓が酸化して黒ずんでしまっていることもあります。

     

  3. たるみ毛穴
  4. 毛穴は加齢や乾燥によってたるみ、だ円形に広がってしまいます。毛穴のくぼみが影となり黒ずんで見えるタイプが、たるみ毛穴です。放っておくとシワの原因にもなりかねません。

     

  5. メラニン毛穴
  6. 肌に負担のかかるケアや紫外線などの外部刺激によってメラニンが蓄積し、毛穴が黒ずんで見えるタイプがメラニン毛穴です。毛穴ケアを一生懸命やっているのになかなか効果が出ない、という方はメラニン毛穴かもしれません。

 

 

 

 

黒ずみ毛穴の正しいケア方法

自分の黒ずみ毛穴がどのタイプか分かったら、タイプ別に正しいケアをしていきましょう。

 

 

  • 正しい洗顔‥つまり毛穴
  • 毛穴につまった黒ずみを消そうとごしごし洗うのは禁物。優しい洗顔を心がけます。
    しっかりと洗顔料を泡立て、こすらず洗うことが大切です。洗う時間は1分半〜2分ほど。ぬるま湯で洗い流しましょう。
    酵素洗顔料やピーリング洗顔料を使ったスペシャルケアもオススメします。

     

  • しっかり保湿‥つまり毛穴・たるみ毛穴・メラニン毛穴

    いずれの黒ずみ毛穴のタイプでも大切なのが保湿ケア。
    肌の乾燥はどの黒ずみ毛穴の原因にもつながってしまうので、きちんと保湿しましょう。
    洗顔後、肌が乾ききらないうちにすぐに保湿することがポイントです。

     

  • 紫外線対策‥メラニン毛穴
  • メラニン毛穴は紫外線などの肌への強い刺激によって引き起こされます。紫外線対策は気温が上がってきてからだけでなく、冬場や曇りの日にも必要です。
    季節を問わず日焼け止めを塗り、帽子や日傘などで紫外線対策をしましょう。

     

  • 表情筋トレーニング‥たるみ毛穴
  • 帯状に広がってしまったたるみ毛穴には、毛穴をピンポイントでケアするよりも表情筋を鍛えるケアがオススメ。顔全体が引き締まることで、毛穴も自然と引き締まります。
    表情筋は日常生活の中でなかなか鍛えられることが少ないので、トレーニングを重ねると比較的早く効果を感じることができるでしょう。

 

黒ずみ毛穴対策の近道は正しいケアを続けること

毎日の正しいケアで、黒ずみ毛穴は少しずつ改善できます。
黒ずみ毛穴の原因となる乾燥を防いでしっかりと保湿するには、オールインワン薬用「美白」美容液ヴェルモアがオススメ。洗顔後、ワンステップで保湿できて黒ずみ毛穴を美白へと導きます。

 

ひとくちに黒ずみ毛穴と言っても、タイプは3つに分けられます。自分の黒ずみ毛穴のタイプに合ったケアを続けていきましょう。